北海道、冬の歩き方








冬の北海道を歩いていて思うのだが、これって神業だ。
本州に住んでいる人は「雪の上をあるくことが?」と思うかもしれないが、実際は雪ではなく氷の上を歩くのだ。
たぶん北海道の人たちの頭の上には見えないスキャニング装置が付いていて、自分たちの足下2メートル先を絶え間なく精査しているに違いない。
履いている靴底の感覚で雪の種類を予測する。
ざらざら雪か、さらさら雪か、べたべた雪か?
雪の下に氷が隠れていないか?
ボケっと歩いているように見えても視線は様々な情報を見極める。
ここを歩いているとぐしゃぐしゃになった雪水を車にかけられはしないか?
この路面の傾斜だと足下が氷だったとき危なくはないか?
前を歩く人の様子を見て歩くラインを決めよう。
あそこのわだちはアスファルトが見えている、よしこのラインで歩こう。
一見普通に歩いているように見えても足裏を全体的に路面に着地するように歩いたり、若干すり足気味だったり。
まだまだ、ある、足が滑りそうになったとき、サッと素早く両腕を広げバランスをとるテクニック、不覚にも転んでしまった後、素早く自分の周りをチェックし、何事もなかったかのようにその場を立ち去るテクニック、ここで生まれ育った人間たちが子供の頃から自然と培った高等テクニックの数々だ。
僕の靴底ツルツルLLビーンのハンティングシューズでは今に思いっきり転んでしまうだろう。
カメラを持っているときに転んでしまったら目も当てられない。
だからといってスパイクを装着したり、外したりというのもかなり面倒だ。
2ヶ月ほどの滞在のために高価なブーツなど買いたくない。
こんなことで悩んでいる僕をよそに、ツルツルの路面の上をランニングする人、片手に傘をさしてママチャリを片手運転するお母さん、靴底ツルツルのコールハーンのローファーシューズで歩くビジネスマンなどがのろのろ手でバランスを取るように歩く僕をびゅんびゅん追い越し、力強く進んでいく。
冬の北海道、毎日がスリル満点だ。













f0137354_0401117.jpg













f0137354_0402296.jpg













f0137354_0404112.jpg













f0137354_0405079.jpg













f0137354_041430.jpg













f0137354_0414391.jpg













f0137354_042163.jpg













f0137354_0421041.jpg

























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


あちゃー、ランキングがぁ、、、、涙。/b>



私はバナナの皮の上だって上手に歩けるもん!と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-12-08 00:57 | デジタル

<< previous page << さっぽろ100人ポートレイト ... | 雨の小樽 >> next page >>