月への階段 VS 太陽への階段




タスマニア東海岸のビシェノーへ宿泊した時、誰もいない砂浜で燃えるような夕日を見た。
日が落ちてからもぼんやりと海を見続ける。
すると今度は深い青の夜空にポッカリと丸い月が浮かんだ。
水面には月への階段がゆらゆらと揺らめく。
心のきれいな人だけが登っていけそうな階段だ。


翌朝、まだ暗いうちに砂浜に出かけた。
やはりそこは誰も居ない砂浜だった。
空が深いブルーから紫色になり、あっという間にオレンジ色になったかと思うと、太陽がゆっくりと水平線に顔を出した。
そこには勇気のある人だけが歩けそうな太陽への階段ができていた。


あなたならどちらの階段を歩いていけそうですか?













f0137354_1449265.jpg

















f0137354_14505319.jpg
























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


エキサイトブログにはレポートという機能がある。久しぶりにそこを見てみると、ブログの更新をしていない間もものすごくたくさんの人たちがこのブログを覗いてくれていたのだと知った。感謝感激です。



そんな階段を登れると豪語する人がいたら私の前に出てきなさい、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-10-16 14:52 | デジタル

<< previous page << 青いモジモジくん (Tasma... | 初めてのファミリー・ポートレイト >> next page >>