Melton Mowbray Rodeo - 男たち -1

以前から話しには聞いていた。
メルトン・モウブレイで、年に一度、ロデオ大会があると。

オーストラリアで最も古い国道、ヘリテイジ・ハイウェイ(国道1号線)を、ホバートから北へ車で約1時間走らせた(時速110kmで)場所にある、小さな町だ。
11月、初夏のタスマニアは快晴。
メルトン・モウブレイで国道を降り、砂利道を少しだけ走ると、羊の牧草地の中にインスタントに作られたロデオ大会の会場があった。
辺りを見回すと、テンガロンハット、ジーンズ、ブーツ、馬で溢れ、競技の模様を実況解説する声がスピーカーからガンガンと響き、それに混じってカントリー&ウェスタンの美しい歌声が微かに聞こえていた。
この現実離れした光景に、僕は言うまでもなく胸が高鳴り、よほど目をぎらつかせていたのか、それとも、完全に場違いな格好でカメラを持ってうろついている東洋人は僕だけだったせいか、周りの人たちからの遠慮のない視線をビシビシと感じていた。
写真を撮るためなら、どこまでも卑しい人間になれるフォトグラファーという人種は、そんなことでは引き下がらない。

目の前でロデオを見るのは初めてだった。
牛たちに容赦なく鞭を叩きつける、ビュン、ビュンというその音は凄まじく、その行為に正直いって、胸が痛んだ。
でも、それが彼らの伝統。

メディアの申請もしていないのに、いつもの癖で、人を押し分けづかづかと前に進み、撮影のためのベストポジションを確保する。
こういう時に遠慮がちな行動をとると周りの人たちからヒンシュクをかうが、堂々と行動すると、なぜか人は場所をゆずってくれる。
たぶんオフィシャルか報道関係の人間だろうと誤解するのだろう。
まったく我ながら、図々しいといったら、ありゃしない。

時々、カウボーイたちのパフォーマンスに人々は歓声を上げるが、僕には今ひとつそのツボが掴めず、何を撮っていいのか戸惑う。
僕がシャッターを切る瞬間と彼らが歓声を上げる瞬間が噛み合ないのだ。
まあ、いいではないか。
僕はどういう訳か、何かしらの催し物を撮影するとき、メインとなるものよりも、その周辺の人たちに心奪われる。
観光写真を撮っていたときは、集合写真を横目に一服する観光バスのドライバー。
リングサイドで女子プロレスを撮っているときは、それを観戦する、熱狂的ファン。
大事件が起きて記者会見があるときは、それに群がる報道陣たち。
僕はへそ曲がりなのだろうか、、、。
でも、この日のように、仕事で写真を撮っているわけでないときは、自分の心に従う。
そのほうが楽しいのだから、仕方がない。

ロデオ競技そのものの写真は早めに切り上げ、他の被写体を探しはじめた。
すると、僕の正面を歩いてくる一人の少年に目が引きつけられた。
少年というより、小さな子どもだ。
きっと5歳前後ではないか?
ラフな男たち、タフな女たちで溢れるこの会場内で、色白の彼は体内から光を発散させているようだった。
歩いてくる彼を数カット撮った後、声をかけた。
「テンガロンハットにブーツ、なんだか君もカウボーイみたいだね」
すると彼は立ち止まり、数秒間僕の顔を見つめ、胸を張ってこういった。
「そうさ、見りゃ分かるだろ!カウボーイ。僕はカウボーイさ!」
あまりに真っ正面から、正々堂々と言い切ってしまったので、僕は一瞬きょとんとしてしまい、それから思わず微笑んでしまった。
「オーケイ、そうだね。君は誰が見たってカウボーイだよ」
すると彼は満面の笑みを浮かべ、すたすたと僕の前から去っていった。

数時間後、図々しい僕はこのロデオ大会の運営者を紹介してもらい、出場者たちが控える場所に入り込み、選手たちの競技前の表情を追いかけていた。
すると、先ほどの男の子がヘルメットをがぶり、馬にまたがっているのを見つけた。
なんと、彼もこの大会に出場するのだ。
彼が先ほど自信に満ちた表情で、自分はカウボーイだと言い切ったわけが納得できた。
彼に一言「頑張れ」と声をかけたかったが、闘志みなぎる彼に言葉をかけられなかった。
いよいよ彼の出番だ。
こんな小さな子が、どんなふうに馬を走らせるのだろう?と僕は期待でいっぱいだった。
彼のお姉さんらしき女の子が手綱を引いてゲートから走り出した。
お客さんから大歓声が響く。
彼は今にも馬から落ちそうだったが、歯を食いしばって馬にしがみつく。
そして、無事に戻ってきた。
拍手喝采。
満足気な彼の表情は、そこにいた全てのカウボーイたちのものと、まったく同じだった。


f0137354_111063.jpg



f0137354_1112677.jpg



f0137354_1114890.jpg



f0137354_112719.jpg



f0137354_1122711.jpg



f0137354_1124961.jpg



f0137354_113929.jpg



f0137354_1132876.jpg



f0137354_114981.jpg



f0137354_1145636.jpg



f0137354_1151892.jpg



f0137354_1153645.jpg



f0137354_1161622.jpg



f0137354_1182714.jpg



f0137354_1191723.jpg



f0137354_1110125.jpg



f0137354_11103680.jpg



f0137354_11105917.jpg

by somashiona | 2007-03-26 09:23

<< previous page << Melton Mowbray ... | ソーマとシオナ Vol.1 >> next page >>