ソーマとシオナ Vol.2 文字に夢中

「ねぇ、ダディ。どうして私はグッド・ガールじゃないの?」
「もちろん、シオナはいい子だよ。でも、なぜそんなこと聞くの?」
「だって、ソーマはたくさん字が書けて、本も読めるから、私よりいっぱいいろんなこと知っているけど、私は違うもん、、、」

人はたくさん「初めて」を経験する。
僕の歳になっても、「初めて」はドキドキ、ワクワクするし、悔しい思いや、恥ずかしい思いをすることも多い。
今経験している「初めて」が自分の未来を大きく変える転機になるのかもしれないと思うと、全ての「初めて」はないがしろに出来ない。

子どもたちと時間を共に過ごすと、彼らにとっての「初めて」の波が、数時間ごとに彼らに押し寄せているのを発見し、驚く。
その全ての波が、ひょっとして、ひょっとすると、彼らの将来を決定づける、最初の一歩である可能性があるからだ。

考えてみて欲しい。
アンセル・アダムスが生まれて初めての1カットを写すとき、フィルムをカメラに入れてあげる僕。
まだ小さなイアン・ソープの手を取って、初めてプールに入る。
アントニオ猪木が生まれて初めて取っ組み合いをした相手が僕。
ピアノの前で小さなモーツァルトを膝に乗せ、彼が初めて人差し指で鍵盤をはじく一瞬。

僕の子どもたちの、そういう「初めて」に立ちあっている可能性があると思うと、できるだけその「初めて」をいいかたちで彼らに体験させてあげたいと思ってしまう。
(ただの親ばか)

最近のシオナ、僕の顔を見るとすぐに紙とペンを要求する。
そして何やら真剣に書きはじめる。
あまりにも真剣なので、そういう時は放っておくことにしている。
この日は朝から計算問題を解いていた。
彼らの頭の教育に関しては母親が担当で、僕の担当分野はもっぱらスポーツ、アウトドア。
なので、5歳の娘が計算問題を自分で作り、解いているのを見ると、僕は少し驚いてしまう。

午後からは、海にいこうと約束していた。
普段、週末はスイミング・プールに行く。
でも、今年は親子3人揃ってウェットスーツを買ったので、すでに秋のタスマニアは肌寒いのだけど、それを使いたいばっかりに、張り切って海にくり出す。
(海は無料なので、ダディには優しい環境なのだ)
この日に向かうのは、僕の家から車で約10分のサンディーベイ・ロングビーチ。
ホバートはその周辺にたくさんの美しいビーチを抱えている。
まったく恵まれた環境だと思う。

その日はタスマニアの典型的空模様。
数分ごとに晴れ、曇り、ぱらっと雨の繰り返しだ。

僕もそうなのだが、子どもたちも、海で泳ぐことにまだ慣れていない。
タスマニアの海はとても綺麗なのだが、南極に最も近いせいか、ウェットスーツを買うまでは、見るべきものであって、泳ぐべき場所ではないと思っていた。

30分ほどで、シオナは唇を紫にし、歯をカチカチ鳴らし、ギブアップ。
ソーマと僕はその後も1時間ほど「ウルトラマン・ファイト 海中編」に夢中だった。

海から上がった後はしばらくビーチで遊び、シオナ、また何やら砂の上に書きはじめる。
頭の中は字を書くことで、きっと一杯なのだろう。

ビーチを去るとき、砂の上に書かれた「Shiona」の文字を見た。
僕にはそれが、秋のビーチに、小さいけれど、誇らしげに輝いているように見えた。



f0137354_1520928.jpg

うん、計算はあっているぞ。でもシオナ、数字がちょっと、、、違うような、、、。




f0137354_1523185.jpg

寒い日の海はためらってはいけない。
そう、一気に水へ飛び込まないとビーチから永遠と海を見つめることになる。




f0137354_15242690.jpg

ダディ、水中でもカメラを忘れない。
シオナは息を止めるのを忘れているようだ。




f0137354_15252819.jpg

ソーマはしっかりと息を止めている。
でも、本当は水中で、そういうふうに息を止めない方がいいんだよ。




f0137354_15261829.jpg

眼鏡なしでは自分の指先すらハッキリと見えない、僕。
なので、海写真は構図がめちゃくちゃ。
でも、その方が普段より良かったりする、、、。




f0137354_15271059.jpg

ソーマはゴーグル、ウェットスーツを身につけると、もう気分はすっかりウルトラマン。
きっと本物のウルトラマンの衣装も、ウェットスーツみたいなものなんだろう。




f0137354_15283527.jpg

ビーチを走り回っていたのも束の間、、、




f0137354_1532135.jpg

砂の上に落ちていた鳥の羽を使い、文字の練習。




f0137354_15302985.jpg

でもシオナ、"M"はどこへいってしまったの?




f0137354_15325428.jpg

"U"の後が続かない、、、考え込むシオナ。




f0137354_15335126.jpg

そこで兄の登場!
力の違いを見せつけるチャンス!(兄妹、つねに競い合ってしまう)
放っておきなさい、とソーマに言うが、
"Help"の文字を発見したと、彼は主張する。(自作自演)




f0137354_15344249.jpg

ものの数分で、A~Zを書き上げる。




f0137354_15354258.jpg

シオナ、署名を砂の上に残し




f0137354_15362255.jpg

遊び再開!




f0137354_15365966.jpg

誇らしげな"Shiona"の文字が砂浜に輝いていた。


by somashiona | 2007-03-30 07:15 | ソーマとシオナ

<< previous page << アリーとナキータ | "Calm"... >> next page >>