羊が一匹、羊が二匹、、、

ふだんはベッドに入ると3秒以内で眠りに落ちる。
おやすみ前の音楽鑑賞、読書、考え事に縁がないどころか、ベッドのライトに手を伸ばす間もなく寝てしまい、朝になってからスイッチをオフにすることなど日常茶飯事だ。

しかし、そんな僕でも年に2、3度は、どうしても眠れないことがある。
しかも、次の朝早くに大切な仕事が入っている時に限ってこの事態が発生する。
眠れないことに慣れていないだけに、この状況に陥ると、かなり焦る。
解決策として音楽を聴けばスウィングしてしまうし、本を読めばその世界にどっぷりと入ってしまう。
枕の抱きしめ方を工夫してみたり、ヨガの呼吸法を思い出して広い宇宙に吸い込まれる自分をイメージしてみるが、どれもらちが明かない。

結局、僕の場合、最善の策として、あの古典的方法、「羊を数える」にたどり着く。

数えるときは、「羊が一匹、羊が2匹、、、」だと理論的効果がない。
英語圏で生まれたこの方法はSheepとSleepの発音が近いことからはじまったと聞いたことがあるので、やはり“One sheep, two sheep,,,”とやるべきだろう。

Twelve hundred sixty nine, twelve hundred seventy,,,
このあたりに来ると朦朧とした僕の頭の中には、緑の草原を顔のない羊たちが点々と漂う幻想的風景が広がり、カーテンの隙間からは朝の光が射し込んで来る。



f0137354_14221345.jpg




ブログの更新を休んでいたあいだも、毎日僕のブログをチェックしてくれていた皆さん、どうもありがとうございました。
またノンビリとはじめますので、お楽しみに!

ranking banner ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします!


by somashiona | 2007-04-23 14:34

<< previous page << 羊たちの沈黙 | タルガ・タスマニア >> next page >>