海 #1



僕は被写体として海を特別意識しているわけではないが、海を見ると何故か写欲が湧く。

波が寄せてはカシャ、引いてはカシャ、カモメが舞うとカシャ、夕日が沈みカシャ。
同じような絵だと知ってはいるが、波が寄せ、そして引く回数だけ、際限なくシャッターを切ってしまう。
そんな写真を後で見ると、99%のカットがつまらない写真で終わっている。
まだ本気で海と向かい合っていないので、その理由については明確な答えを得ていないのだが、
いま分かっていることは海の写真は難しいという事だ。

フォトジェニックな被写体だけに、思うようにそれを捉えられないのは、ちょっと悔しい。
どの写真も今までに見たことのある写真のパターンから抜け出していないのだ。
いや、たとえ見たことがあるパターンでも、自分が狙ったイメージがそこにあればそれでいい。
しかし写し取った全てのカットが僕をあざ笑う。

もしそんな時の海が荒れ狂う灰色の海ならば、
そして僕の回りに誰も人がいなかったのなら、
昔見た青春ドラマのように海に向かって「バッカヤロォ〜」と叫ぶところだが、
まだ一度も実行に移したことがない。


ranking banner ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします!





f0137354_714215.jpg

Bruny Island, Tasmania





このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2007-05-10 07:10 |

<< previous page << シンプル イズ ベスト? | カメラマンとフォトグラファー >> next page >>