黒猫のタンゴ



韓国料理のレストランで3人の友人と夕食を終えたあと、彼らは僕にこのあと何か予定があるか、とたずねた。
特に何もないと答えると、彼らはお互いの顔を見合わせ、頷き、僕を車に乗せ、サンディベイに向かった。
10分ほど車を走らせ、着いた場所は一見ちょっと大きめの普通の民家。
でも、門をくぐって家にその家に近づくと、なにやら中から大きな音の音楽が聞こえる。
なんだろう、この音楽は?
ラテン系?
ドアを開けるとたくさんの男女が、暗がりの中で真っ赤なライトを浴び、身体を密着させて、訳の分からないスッテプを踏んでいた。
タンゴだ!
目をまんまるにした僕が3人の友人の顔を見ると、彼らは満足げな笑みを浮かべ、おまけに三人ともその手にダンスシューズを持っている。
くそっ、ハメられた!

今世界中でタンゴが再び脚光を浴びているのを、皆さんはご存知だろうか?
先週テレビの報道番組でタンゴを特集していたが、その番組では今流行しているタンゴを「テクノタンゴ」とよんでいた。
クラッシックなタンゴをベースとしているのだが、シンセサイザーやコンピュータテクノロジーをふんだんに使ったテクノタンゴは、よりおしゃれにソフィスティケイトされている。
だが、情熱的でエロティックなのは今も昔も変わらない。
そんな新しいタンゴが若者たちを巻き込んで世界中で流行しているらしいのだ。
この田舎のホバートでさえその人口がにわかに増えているのなら、大都会ではもうすでにかなりのブームになっているのではないか?

1ヶ月ほど前にタンゴを習いはじめた僕の親友の女性が一緒に習おう、と盛んに僕に勧めていた。
タンゴだなんて冗談じゃない!知らない女性とピッタリ身体を合わせて踊るだなんて、日本男児にそんなこと聞いちゃいけない!サムライがタンゴを踊れるわけないじゃないか!僕が知っているのはせいぜい「黒猫のタンゴ」くらいなんだから。(あれっ、知らない?ちょっと古すぎ?)
と都合のいい時だけサムライになる僕はその誘いを拒否し続けていた。
見にいくだけでいいから、という誘いも断固拒み続けていた。
そして彼女たちはこの夜、僕を騙してここに連れてきたのだ。

3人の友人のうち一人は、ベトナム人男性だ。
僕とさほど背丈の違わないアジア人男性。
早い話しが、オーストラリアではまったく貫禄不十分ということだ。
その彼、踊りだすとただならぬオーラを発散しはじめた。
こんなにたくさんの人たちが踊っているのに、女性たちはみな彼を目で追う。
周りの女性たちの目がうっとりとハート形になるのが分かった。
皆、彼と踊りたがった。

しかし、男性たちの目は違うものを追っていた。
黒いショートヘアで華麗に踊る一人の女性を目で追っていた。
タンゴは男性が100%リードする踊りだ。
女性は男性の誘導に従い、彼が何をしたいのか心と身体で感じなければならない。
しかし、このショートヘアの女性が踊ると、世界は彼女のものになる。
しなやかで妖艶だ。
聞けば彼女はブエノスアイレス出身らしい。
タンゴ発祥の地だ。

眼鏡をかけ幸せそうに踊っているおじいちゃんは78歳。
この年代のほとんどの人たちが居間でテレビのリモートコントロールを手に、ソファーから立ち上がりもしないのに関わらず、彼は週に何度かのレッスンに通い、毎週日曜の夜はここへ踊りに来るらしい。
いつも違うネクタイをして。

母と娘できている人もいる。
娘はタンゴを初めて以来、同世代の友人と週末のクラブには行かなくなったそうだ。
若い男性とクラブで踊る10倍はおじさんとタンゴを踊るほうがエモーショナルになれると言う。

7歳になる子どもを持つ母は、女性としての自分を取り戻すため、昔から憧れていたタンゴをはじめた。
彼女、踊っている時は旦那も子どもも忘れる。

僕はダンスを見て感動したことが今まであまりなかった。
しかし、この夜のタンゴは違った。

僕ははじめての場所で、初対面の人たちに囲まれながら、暗すぎてピントのやまも見えず、まともな写真など撮れる訳がないと頭では分かっていても、カメラのファインダーから目を離すことができなかった。






ranking banner ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします!
f0137354_1358328.jpg



f0137354_13582895.jpg



f0137354_1359438.jpg



f0137354_140899.jpg



f0137354_1403292.jpg



f0137354_1405890.jpg



f0137354_1412092.jpg



f0137354_1414521.jpg



f0137354_142969.jpg



f0137354_1423158.jpg



f0137354_142539.jpg



f0137354_1432139.jpg



f0137354_1433923.jpg



f0137354_144541.jpg











このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2007-05-21 14:11 | デジタル

<< previous page << 砂漠の中の少女 | ソーマとシオナ Vol.7青い... >> next page >>