ファミリーポートレイトは愛のかたち



先週末は友人のお母さんからの依頼でファミリーポートレイトを撮った。
僕が一般向けの仕事をあまりしていないのは、まったく宣伝をしていないからであって、家族写真や結婚式の写真を撮るのが決して嫌いな訳ではない。
いや、むしろ好きだと言っていい。
有名人を撮る時も一般の人を撮る時も、僕の緊張はまったく同じだ。
新聞、雑誌の仕事にはその仕事特有の難しさがあるが、一般の人たちを撮る仕事もやはり独特の難しさがあって、相変わらず緊張するには違いはない。
だが、それが僕には面白い。
特にファミリーポートレイトの仕事は毎回とても楽しい思いをする。
ファミリーポートレイトの依頼を受けた時は時間をたっぷりとれるようにお願いする。
時には3日に分けて撮りに行く事もある。
そんな事をするとまったく割にあわないのだが、普通の人たちの生活に朝から晩までべったりと張り付いて、その様子を観察すると、やはり面白い写真が撮れるのだ。
僕は自分の撮るファミリーポートレイトを「ファミリー・ドキュメンタリー・ポートレイト」と勝手に呼んでいる。
まだ本格的にやっていないが、これはとても自分に合った分野の写真ではないか、と最近思う。
ファミリーポートレイトを撮るとき、家族の素晴らしい瞬間を残したい、というファミリーのメンバーの思いと、そのためのささやかな努力が僕に伝わる。
普段は人前でキスをしない旦那も照れながら奥さんの肩を抱き、奥さんもひさびさの旦那の優しさに頬を赤くする。
普段絶対に手をつないだりなんかしないティーンエイジャーの姉と弟なども、この時ばかりは休戦条約を密かに交わし、家族のよい思い出作りのために努力する。
そう、ファミリーポートレイトはできあがった写真だけがその思い出ではなく、撮影のプロセス自体が、家族が一団となって何かを成し遂げようとした忘れ難い思い出であり、愛のかたちなのだ。

ブログ公開の許可を得られたファミリーポートレイトを時々皆さんにお見せしたいと思う。
何と言っても、これぞまさしく「タスマニアで生きる人たち」の姿だから。

今週は3日前に撮影したアレン家の模様を数回に渡ってお伝えする。



数人を相手に一人でケンカをしなくてはいけない時、そのグループのボスが誰を嗅ぎ分け、そいつととことんやり合うのが効果的だ。

写真撮影もそう。
相手がたくさんいる時はそのグループのムードメーカーとなる人間を嗅ぎ分け、ライトをセットアップしたらすぐにテストシューティングに参加してもらう。
たくさん冗談を言って笑わし、テストシューテングで真剣な顔から、大笑いの顔までとにかくいろんな部分で協力してもらう。
それを見てしまった周りの人たちが同じ事をできないと言わせないムード作るのだ。
この時は写した写真がどうのこうのと考えない。
これからはじまる事は皆が努力しないとダメなんですよ、という空気をこのとき作るだ。 


その日の撮影はアレン家。お父さんのロッド。お母さんのクリス。
その子どもたちである男ばかりの4人兄弟と彼らの家族や恋人だ。
総勢13人をあらゆるパターンで撮らなくてはいけない。

家の中で一番広いスペースはリヴィングルーム。
ここをスタジオにする事にした。
今回はシンプルにストロボは一灯しか使わなかったが、それでも家の中にインスタントのスタジオができあがると、皆はにわかに興奮しはじめる。
まずは家長のロッドにテストシューティングだから、と言いつつ色々な顔を見せてもらった。物静かなジェントルマンだがとても協力してくれた。




f0137354_23352353.jpg





ロッド
「まずは家長として渋いところを家族の者たちに見せんとな、ごっほんっ」




続いてこの男4人兄弟のムードメーカーである僕の友人のスコットファミリーを撮りはじめた。
新聞やパンをこねる棒などのギミックを使う。
素人さんの撮影にはギミックがあると大いに役立つ。
自分の照れくささをギミックでごまかせるように感じるからだ。
スコットたちの演技に家族皆が大笑い。完全に週末のショータイムと化していった。




f0137354_2339122.jpg





姉のスィア(上)
「ちょっと、ちょっと、私は可愛く撮って欲しいの!そういうふざけた写真を撮って欲しいんじゃないんだってば!あっ、いけない、何があっても、笑顔、笑顔よ!集中するのよ!」
親たち(中)
「家族写真の時くらい新聞読まなくたっていいじゃない!」
「うへぇ〜、怖いんだから!家族写真のときくらい怒んなくたっていいじゃない!」
妹のマリ(下)
「まったくもうっ!私には大人たちの事がまったく分からない、子どもだから」


実は普段は写真に写されるのが大の苦手な4兄弟、、、、、。

僕「さぁ〜みんな、分かってるね。こんなふうに家族写真を撮るのがお母さんの夢だったんだから。おちゃらけちゃダメよ。男前にね。そうそう、渋く決めて、、、」




f0137354_234163.jpg





「あっ、ダメ、ダメ、我慢、我慢、笑わないで、、、」




f0137354_23421229.jpg





「だからっ!おちゃらけちゃダメって言ってるでしょうガッ!」




f0137354_23425641.jpg





「そう、そう、イメージはね、男たちの挽歌とか不夜城って感じ、ねっ、不良っぽく、そう、そう、世間からはじき出された不良四兄弟さ、君たちは。いいよぉ〜、すごくいい〜、うひゃ〜、クール!やればできるじゃん!サイコー!」




f0137354_23443972.jpg





「ねえ、ねえ、なんであんたたちってすぐそうなるの?こらっ、指立てるんじゃなぁーい!子どもたちが横で見てるでしょー!お母ぁーさん、笑ってないでっ!息子たちを叱って!」




f0137354_23454033.jpg





f0137354_23462418.jpg





f0137354_23464989.jpg








甥っ子のウィルと若い叔父さんのマーク

マーク「おい、ウィル、俺と一緒に撮るんだからマジメにポーズするんだぞ!ふざけた真似したら、ゴチンとゲンコツだぞ」
「もちろんだよ、マーク叔父さん。マジメにしてるに決まってるじゃない」




f0137354_23485145.jpg





僕「じゃー、二人とも、ちょっと怖い顔してみようか。腕組みしてさ、ちょっとレンズを睨みつける感じで」

ウィル「ふ、、、、ふ、ふ、、、ふ、ふ、ふ、、、、」
マーク「俺がさっき言った事、分かってるよな、ウィル、、、」




f0137354_2350890.jpg






ウィル「ふ、、、、ふ、ふ、、、ふ、ふ、ふ、、、、ぎゃははははぁー、ダメだぁー、笑っちゃうよぉ〜!」




f0137354_2351406.jpg






つづきはまた明日なっ、ベイビー!
スィー、ヤッ(See ya)!




f0137354_2356159.jpg







ranking banner ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします!






何度送信しても僕のパソコンではアップロードした画像を見る事ができません。
皆さんには見えているのでしょうか?
とりあえず、今日はもう寝る事にします。
もし皆さんも見れないようであれば、明日もう一度チャレンジしますので、悪しからず。

おやすみなさい。

今日のタスマニアはとても冷え込んでいます。
うぅ〜、寒っ。






このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2007-06-12 00:12 | 仕事

<< previous page << 続ファミリーポートレイトは愛のかたち | 解けない封印 >> next page >>