タグ:デジタル ( 601 ) タグの人気記事

赤いキャミソール



時々、思い出す写真がある。
自分で撮った写真だ。
2月の頭、誰も人が歩かないような道路沿いに落ちていた赤いキャミソール。
朝の新鮮な光を浴びた場違いのキャミソール。
仕事を終えたホステスさんに早朝出くわした気分。
胸元についた白いファーと朝の日を浴びてキラキラ光るスパンコール。
どう考えても、クリスマス使用のキャミソールだ。


クリスマスの夜、若い娘がこのキャミソールを着て、誰も人など通らない川沿いの道路を歩いていた。
一人で?
ありえない、こんな場所、僕だって夜に一人で歩きたくない。
たぶん、男と一緒。
パーティの後で。
片手にはシャンペンのボトルを持っていたかもしれない。
編みあみの黒いストッキングに赤いヒールだったかもしれない。
唇もやはり赤いルージュで頭にはクリスマスパーティーで被るあの三角帽がまだ乗っかっていたかもしれない。
隣を歩く男は?
この近辺に住む同年代の若い男なら、おしゃれな格好などしていないだろう。
ジーンズにTシャツ、そしてせいぜい勝負革ジャン。いや、真夏に革ジャンはない。
年上の、たぶん40代前後の男が一緒だった気がする。
そこそこお金を持っていて、身なりもいい。
白いシャツの襟元についてしまった若い娘の赤いルージュを気にしていたかもしれない。
オーストラリアのクリスマスは真夏だ。
若い娘はキャミソールの下に黒いブラをしていたかもしれないし、下着は身につけていなかったかもしれない。
二人がここにたどり着いたときには、娘はもうかなり酔っていて、足元をふらふらさせながらジングルベルを口ずさみ、時折年上の男を上目遣いで見て、声を立てて笑ったかもしれない。
男の脳裏にはまだ幼い二人の子供たちと妻の顔がシャンペンの泡のように浮かんでは消える。
子供たちはサンタクロースを夢見てすやすやと眠っているが、妻はクリスマスディナーの片付けをせず、まだ散らかったままのダイニングテーブルに座っている。
夫に渡すはずのクリスマスプレゼントをじっと見つめながら。
男は、今夜、全てを清算しようと心に決めていた。
若い娘が男の決意を容易に受け入れることなどないことは男にも分かっていた。
この場所へ来たからには、もう後には戻れない。
ジェケットのポケットに入っている革紐を男は固く握りしめていた。


赤いキャミソールをファインダー越しに見つめながら、僕の頭の中では勝手にストーリーが展開していく。
いかにもありがちなやつ。
僕にとって写真は目に見える事柄の後ろにある物語を考えることでもある。
それはときに犯罪心理学のプロファイラーの真似ごとのようであったり、時には勝手な妄想だったりする。
どちらにしても、そういう気持ちを僕に起こさせる被写体に出会ったときは、かなり興奮する。












f0137354_19491571.jpg


























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



ああ、また中年男の妄想がはじまった、、、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-20 19:51 | デジタル

赤い屋根



タスマニアに移住した手の頃、日本人向けのツアーガイドの仕事をしたことがある。
少人数のお客さんを車に乗せてタスマニアの主要な観光スポットを一緒に回るのだ。
運転手、ガイド、通訳、要するに、なんでもやる。
ホバートかロンセストンの空港にお客さんを迎えに行き、最初の目的地に付くまでの車中は質問の雨あられ。
お客さんにとっては初めての土地、車のガラスは次から次へと新しい情報が飛び込んでくるテレビ画面のようで、眼に入るものすべてについて知っておきたい衝動を抑えられない。




運転手さん(僕のこと)今渡っているこの大きな橋は何ていうの?

これはタスマンブリッジといいましてホバートのアイコニック的建造物のひとつです。大きな船がこの橋にぶつかって崩れ落ちたこともあるんですよ。今日は大丈夫みたいですが。

今見えるのは何ていう名前の川なの?かなり大きいみたいだけど。

これはダーウィントリバーといいまして、、、

あ、見て見て、あの黒い鳥は何、なんだか白鳥みたいだけど、でも黒いわ。

あ、あれはブラックスワンです。このあたりではいつも見ることが、、、

ま〜あ、変わった形の木、あれって、ユーカリよね!

いえ、あれはワトルです。

あらぁ、どうしてこんなに寒いのにTシャツと短パンで歩いている人がたくさんいるの?

こっちの人は日本人より体温が一度近く高いようで寒さにめっぽう、、、

あらぁ、かわいい犬ねぇ、やっぱりオーストラリアの犬は違うわねぇ。

あれはゴールデンレトリーバーです。

ねえ、どうして平日の真昼間なのにこんなに人が少ないの?みな何処に隠れているの?

石の裏をめくってみると何人か見つかるでしょう。

で、運転手さん、さっきから気になっているんだけど、一つだけ聞いてもいいかしら?どうしてこの街はこんなに赤い屋根が多いの?






この仕事のおかげで僕は短い期間にタスマニアの魅力をたっぷりと学習することが出来た。
そして、少しだけ、我慢強い人間にもなれた。














f0137354_1281872.jpg


























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


風邪、良くなっています。明日から仕事復帰。実に8日ぶり。大丈夫かなぁ、、、?心配してくれた皆さん、ありがとう!



で、なんで赤い屋根が多いの?、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-19 12:13 | デジタル

赤いバス







冬の朝、あたりはまだ霧に包まれている。
ほどんど車の走らない、町外れの道路沿いに、レンガ作りの大きな廃屋があった。
窓ガラスは見事にみな割られ、壁の一部にはよく見かけるがどれも皆同じに見えるスプレーペイントが吹きつけられている。
悪ガキどもは人の目から隠れる場所なら何処へでも出没し、片足を上げマーキングする犬のように落書きをする。
見捨てられた廃屋は誰かが再び自分に関心を寄せてくれたことを嬉しく思っただろうか?
それとも、放っておいてくれ、このまま静かに朽ちさせてくれ、と思っただろうか?
窓ガラスが破られ、落書きをされているものの、レンガ作りの壁や屋根はまだしっかりとし、建物全体としては威風堂々たるものだ。
まるで苦しい時代をプライドを持って生き抜いた老人のように。
なぜこの建物にはこんなにも威厳があるのだろう?
まったく手入れされず、伸びっぱなしの雑草をかき分けて僕は建物の裏手に回った。
朝の尖った空気が僕の頬やカメラを持つ手を冷やし、朝露でブーツやチノパンツの裾が濡れる。
建物の裏手には真っ赤なバスが一台止まっていた。
レンガの建物にピッタリと寄り添うように。
僕はこの建物の心臓を見てしまったような気がした。
バスは窓のどこにも被害がなく、ボディのどこにも落書きはされていない。
地面や建物の壁から赤や青の無数の血管がバスにつながり、その血流によって赤く輝いているようだ。
何もかもが霧に濡れ、くすんだ色が支配するその朝に真っ赤なバスは神々しくもあった。
数枚シャッターを切って、静かにその場を離れた。












f0137354_18192815.jpg

















昨日よりテキスト短め?









人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



このバスがピンクだったら、また違う話になっていただろう、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-18 18:26 | デジタル

寝こんでます



「一人暮らしは気楽でいいよ」と普段はまわりの人たちに言っている僕だが、今回のように何日間も高熱で打ちのめされているときは話は別だ。
39.5度前後の熱が3日間続いたときは、ひょっとしたらこのまま逝ってしまんじゃないだろうかという恐怖となんとも言えぬ悲しみのようなものがガンガンと頭が割れそうな頭痛の隙間を行ったり来たりした。
苦しさは心のなかだけでは消化できず、「うぅぅ〜くるしぃ〜、はぁはぁぁ、くそぉぉ〜、なんとかしてくれぇ〜、もういやだぁ〜」と声に出している自分に気がついたが、それでもやめることは出来ない。
悪寒で歯がガチガチ鳴っているときにベッドから這いずり出て、汗だくの下着やスエットシャツ、スエットパンツを着替えるのは拷問だ。
苦しすぎて医者にも会いに行けない。
こういう時に友人に電話して助けを求められないのは性分だ、仕方がない。
水だけで2日半を過ごしたが、3日目の夜にやっとバナナを一本食べることが出来た。
4日目は38度だいまで熱が下がり、猿のようにバナナばかり食べていた。
皮を剥くだけですぐに食べられるし、燃えるように痛む喉でも、バナナなら何とか通る。

熱にうなされている間、なんとアンリ・カルティエ=ブレッソンが夢のなかに出てきた。
そして「カメラを買いなさい」と僕に言った。
「何を買えばいいのですか?」と訊ねると「それは◯◯◯◯だ」と彼はきっぱりと言った。
手に入れようと検討しているカメラが3台ほどあったが、ハッキリ言ってこの◯◯◯◯はノーマーク、しかも発売されてから一年以上たつので全然ホットな選択には思えない。
どうしてこのカメラなのか理由を聞きたかったが、写真の本質的なことを僕の1000倍は知っている彼に理由など訊ねてどうする。
尊敬する人物の意見は黙って聞き、ただ実行するだけ。

4日目にドクターに会いに行く。
まだ38度だいの熱があったので相変わらず歯をガチガチならし、まるで初心者マークを付けたお嬢さんがフロントガラスに鼻をこすりつけそうに運転するようにしてクリニックまでたどり着く。
「扁桃腺が腫れ、気管支炎を起こしているだけだから大丈夫」と抗生物質を処方してもらう。
「熱を下げる薬は?」と聞くと「市販のパラセタモールでも飲んでればいい」と軽く流される。
そんなもの、すでにたらふく飲んでいるわ!と喉まで出かけていたが、オーストラリアの医者はこれが普通。
日本で高熱が続き、お医者さんに藁をもすがる気持ちで会いに行き、薬屋さんでバファリンかセデスでも買って飲むように、と言われ帰されることなどたぶんないだろう。
抗生物質で扁桃腺の腫れが収まれば、たぶん熱も収まるのだ、と自分に言い聞かせる。

熱が37.5度まで下がったとき、やっと楽になった。
楽になると、すぐにブレッソンの言葉が頭をよぎる、カメラを買いなさい、と。
ネットで検索すること一時間。
仕事で使えそうなカメラではないので、僕としては珍しく中古品を見つけ、ポチッとしてしまった。
大好きなコーヒー一杯も飲めず、一人こんなに苦しんでいるのだから、それくらいのご褒美はいいだろう。

風邪をひくと大げさに騒ぎ、突然気弱になり、甘いものをたくさん食べたくなるのは父譲り。
薬屋さんで処方された抗生物質を受け取った後、隣のお店で、普段なら絶対に買わないような高級アイスクリームやチョコレートをしこたま買って家に帰った。
まだ37.5度前後の熱が続いている。
この調子だと1週間は寝込みそう、、、涙。












f0137354_13221962.jpg


























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



寝込んでるなら長い文章はヤメなさい、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-17 13:31 | デジタル

スティルライフ



昔、札幌で活躍するベテランのスタジオフォトグラファーに写真上達の秘訣を聞くと「それは風景写真を撮ることだ」という答えが返ってきた。
当時、僕はロスアンゼルスで毎日写真漬け、しかも頭の中はポートレイトとドキュメンタリーしかなかったので、「はいはい、年配のフォトグラファーは何かと言うと風景なんだから」とあまり敬意を払ってそのアドバイスを聞かなかった。
ただ、彼の言った言葉は僕の頭から長い間離れずにいた。
「風景写真を撮るということは太陽の光を観察すること。硬い光、柔い光、角度、色温度、そういった秒単位で変化する様々な光を見極めること。写真は光と影。それを学ぶなら、風景写真を撮るのが一番だ」この言葉はいつまでも頭の中に残った。

今なら、彼の言葉に強く頷ける。
僕はいわゆる風景写真家ではないが、ポートレイトやドキュメンタリーじゃなけりゃ、という縛りから解放されたあと、自然の光から学ぶ機会が増えた。
カメラが進化したこともひとつの理由だが、最近はスピードライトやストロボなどの人工的な光を使わずにできるだけ場明かりを使って写真を撮るよう心がけている。

風景写真同様、スティルライフ(静物写真)を撮ることも写真上達の秘訣だろう。
いい写真を撮る人は、この分野でもやはり唸らせる写真を撮る人が多い。
時間のあるとき、キッチンにある果物や野菜、皿やフォークなどをかき集め、テーブルの上でああでもない、こうでもないと格闘してみることがある。












f0137354_14543497.jpg













f0137354_14544693.jpg













f0137354_1454525.jpg













これらの作品が僕の撮った写真ならどんなにいいだろうと思うが、3枚とも1900年代に活躍したアメリカの写真家、エドワード・ウェストンの写真だ。
僕にとってスティルライフといえばエドワード・ウェストン。
1930年代にアンセル・アダムスやイモージン・カニンガムらと「グループf64」という団体を結成した人物としても有名な写真家だ。
f64というのは大判カメラ最小の絞り値、最大の被写界深度で被写体を究極的にシャープに映し出し、その造形美を追求するという彼らの精神がストレートに伝わる。
ウェストンのオリジナルプリントをはじめてみた時、モノクロ写真がこれほどまで美しくなり得るのかと、心の底から驚き、感動した。
まるで被写体が印画紙の中から浮き上がり、手にとってその感触を味わっているかのようにプリントを鑑賞することができる。
彼らは暗室の中で焼きこみや覆い焼きのテクニックを使い、とことんプリントを詰めていく。
完璧なネガを作るアンセル・アダムスでさえ、その行為抜きでプリントを作ることはなかったらしい。
この作業、いま僕たちがパソコンの中でフォトショップなどのソフトを使って行うマニピュレーション(画像処理)と同じといえばたしかにそうなのだが、出てくるものの重さがこんなにも違うのはどうしてなのだろう?
被写体が例えピーマンであろうがキャベツであろうが洗面器であったとしても、今のフォトショップで出てくる写真と圧倒的に違うのは、やはり彼らの被写体を観察する眼なのではないかと思う。












f0137354_14551071.jpg













というわけで、僕もタスマニアのウェストンになりきり、バナナを心の目で見てみるが、出来上がったものは、、、。












f0137354_14552595.jpg













シオナの感覚とさほど変わらない自分の感性に悲しくなる一日であった。
























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



あなたは逆立ちしてもウェストンにはなれません、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-11 15:16 | 写真家

自分はいったい何処に眠るのか?








海外で暮らす人なら誰でも時々考えること、それは「自分は最終的にどこに眠るのだろうか」ということ。
僕はタスマニアが好きだが、この地で眠り続けるという考えは、なにかピンとこない。
かといって、今さら日本の土の中で眠ったとしても、誰も花束など置いて、僕を思い出してくれないだろう。
死んだら、自分の遺灰を大好きだったどこそこへまいてくれ、と遺言を残す人がいるが、僕にはまったく候補地が思い当たらない。
僕の父は実家のすぐそばにあるお寺の中の寺院墓地で眠っている。
冬、北海道のお墓は雪で閉ざされる。
一人暮らしの母が、頻繁に父に会うためには、、、と考えた結果、寺院墓地というかたちを選択したようだ。
僕もいつかはそこに行くのだろうか?
いや、そこは僕の行く場所じゃない。
そこもやはり、ピンと来ない。


手作りのお墓の近くにあるベンチに腰をかけてみた。
ここに腰をかけ、同じ風景を見ただろう人たちを感じる。
その瞬間、僕の横にはあの64歳の女性も座っていたかもしれない。
子供の頃なら「ちょっと怖いな」と感じるこういう想像も、今では僕を温めてくれる。
朽ちてしまい、バクテリアによって粉々にされた木々や動物、昆虫たちの記憶も想像出来ればいいのに。


十字架には"RIP"と書かれていた。
誰かが亡くなったときに使う決まり文句"Rest in peace" (安らかに眠れ)の略だ。
直訳すると「平穏の中で休む」。



最後がどこであろうと構わない。
ゆっくりと休むその日が来るまでは、自分や子供たち、家族、そして世界中の人々とはいわぬまでも、せめて自分を取り巻く人々が少しでも笑顔になれるよう、日々努力し、しっかりと生きるだけだ。












f0137354_18403683.jpg


























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




できれば生まれ育った土地の土に帰りたい、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-10 18:44 | デジタル

愛する人が眠る場所



朝日の当たる川沿いで、小さなお墓を見つけた。
海岸から拾い集めた石ころや貝殻、または焚き火の跡の木材を使って作られた小さなお墓。
正直言って、最初は子どもが死んでしまった飼い犬や小鳥のために作ったお墓なんだろう、と思った。
でも、十字架には女性の名前、1946 - 2010と記されてある。
実在した人物、64歳の生涯。
その海岸のすぐ脇には散策路がある。
その朝、犬の散歩をする人、ランニングをする人たち何人かとすでに出くわしたところから考えると、たぶん多くの人がこの手作りお墓の存在を知っているだろう。
そのお墓のすぐ近くにベンチがある。
64歳で人生を終えたその女性は、幾度となくこの散策路を歩き、このベンチに腰をかけて太陽の光が照り返す川面の様子や空をとぶ鳥たちの様子を目を細めて眺めたのかもしれない。
この手作りのお墓から、彼女のことを心から愛した子供たちや孫たちの気持ちが、この日の朝の真っ白な霜で覆われた地面の草や石ころたちを溶かす太陽の温かな光のように、じんわりと伝わる。
公共の場所にあるこの小さなお墓に、誰も手を触れないことが無性に嬉しい。













f0137354_1842718.jpg


























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ






決まりだなんだと言う前に、人の気持を尊重できる人間でありたい、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-09 18:08 | デジタル

朝の体操







「明日の朝、どんな天候でも写真を撮るぞ、三脚にカメラを取り付けて」と心に決めてベッドにもぐりこんだ。
翌朝は6時半に起床。
子供たちを午前9時にピックアップしなければならない。
写真を撮るなら彼らが住むニューノーフォーク近辺がいいだろう。
この時期、タスマニアは朝の7時でもまだかなり暗い。
今日の朝はあたり一面が濃い霧に包まれていた。
霧は大好きだ。
霧に包まれたニューノーフォークをイメージしていたものの、僕が撮影に決めた場所は風の神様が息を吹きかけたようにスッキリとしていた。
まあいい、今日の撮影は朝の体操。
朝の冷たくて新鮮な空気を肺いっぱいに吸い込み、三脚を杖がわりにしてゆっくり歩けばいい。
三脚など普段滅多に使わないので、レリーズケーブルを忘れてしまった。
タイマーを使って撮ることにする。
手持ちの撮影はファインダーを覗きながら構図を詰めていくが、三脚を使う撮影は撮ろうとする被写体をじっくり眺めるところからはじまる。
足の長さを調整し、構図を大まかに決めた後、水平を取り、もう一度構図を確認する。
相原さんはそういう一連の作業を驚くほど早く終えるが、僕がやるとやたらと時間がかかる。
まあいい、今日の撮影は朝の体操。
慣れない撮影方法で1時間があっという間に過ぎた。
撮れたものに満足したかどうかはあまり問題でない。
だって、今日の撮影はフォトグラファーの、朝の体操だから。












f0137354_20275081.jpg













f0137354_20281046.jpg













f0137354_2028368.jpg













f0137354_2028573.jpg













f0137354_2029162.jpg













f0137354_2029328.jpg













写真は今朝撮れたてホヤホヤのニューノーフォーク。
じっくり見て反省する前にブログにアップしてもいいのか?
いいんだもん、だって朝の体操なんだから。
皆さんも朝の体操がてら、ポチッと。












人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ





私も時には三脚を担いで朝の新鮮な空気と自然の美しさを楽しもう、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-07 20:37 | デジタル

ひょっこり出てきた写真



最近、僕のiMacの調子がどうもおかしい。
たしか2010年に購入したはずなので、まだ2年ちょっとしか使っていないのだが。
考えてみると、自分の持ち物で日々一番酷使しているのは、カメラでも携帯電話でもなく、このiMacだ。
以前はMacBook Proで画像を扱っていたが、一度27インチの画面に慣れてしまうともう戻れない。
MacBook Airはネット専用機。
パソコンのクラッシュに備えて少しだけフォルダの整理をしていると古い写真がひょっこりと出てきた。
ソーマとシオナが自分たちで料理をしている写真だ。
彼らの顔がとても幼く見えたので、僕が外付けハードディスクの操作ミスで無くしてしまった2007年以前の写真が出てきたのかと思い一瞬喜んだのだが、データを見てみると2009年の写真だった。
(データを失ったショック、かなり諦めはついたが子供たちの写真に関してはまだ胸が痛い。)
たった3年半くらい前の写真なのに、子どもたちの顔がとても幼く見える。
この頃は材料を切ること、それをプライパンでただ焼くこと、それが彼らにとって料理だったのか、それとももうすでにもっとアドバンスな料理を作っていたのか、まったく思い出せない。
ソーセージで作るカニやタコは僕の母親時代から受け継がれているもので、僕の弁当箱にもよく登場したし、僕も子供の頃に自分で作った記憶がある。
これにトマトケチャップをかけて食べるのだ。
こういう日常のありふれたことが、たった3年やそこらで愛おしく感じる。
今年中に子どもたちの写真をまとめたアルバムを作ろう。
2007年以前の写真は幸運にも僕のブログにアップしたものが残っているはずだ。
たとえ小さいサイズの写真でも、プリントとして残っていることに意義がある。
どんどん新しい写真を撮ることも大切だが、過去の宝物をプリントとして残すのも大切な作業。
あたりまえな毎日が、自分では気がつかずにいた、実はとてつもない幸せだったと確認できるはず。











f0137354_19585974.jpg






















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


今日の夕食は鶏肉と椎茸のパエリアとパンプキンスープ。外の温度が下がれば下がるほどスープの日が増える。中でも一番簡単で体を温めてくれるのがポテトスープとパンプキンスープ。あれ、なんでこんな話ししてるんだろ?ポチッとよろしくです。



よし、明日はお父さんの弁当にタコとカニを入れて、職場で恥ずかしい思いをさせてやろう、と思ったお母さんもポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-05 20:10 | ソーマとシオナ

お気に入りの一枚#1



写真をやる中でどんな写真を目指すのか、その具体的目標を持つことは大切だと思う。
最初はお気に入りの写真家を見つけ、その作風に近づこうと努力するだろうが、最終的に向かうのはやはり自分が何を本当に欲しているかという一番分りやすそうで実は最も難しいターゲットだろう。
その目標を見つけるヒントはどこにあるのだろう?
寝ている間に写真の女神が枕元に現れ、額縁に入ったまだ見ぬ一枚を見せてくれるだろうか?
自分の目指す写真を見つけるヒントは、自分のとった写真の中にあると思う。
誰の写真だろうと、写真には撮影者がもともと持っている美の核心、嗜好、心の住処が宿っていると思う。
子供の頃、なぜだか分からないけれど好きな玩具、好きな場所、友達、好きな文房具があったはず。
僕は子供の頃、家の近所にあった孵化場(フカジョウ)で一人時間を過ごすのが好きだった。
そこはほとんど人が来ることなく、藤の蔦で出来たトンネル、無数の大きな樹、池、秘密の隠れ家になるようなロケーションで溢れている札幌の中の隠れたオアシスだった。
大切な友達と大きな樹の下にタイムカプセルを埋めたこともあるし、女の子からはじめて手編みのマフラーをプレゼントされたのもその孵化場だった。
なぜその場所が好きだったのか、子供だったから一度も考えたことはない。
磁石のように惹きつけられ、どうしょうもなく心やすらぐ場所なのだ。
2008年に札幌へ帰ったとき、同じやすらぎを求め何十年ぶりに孵化場を訪れたが、そこは跡形もなくなり、代わりに無愛想で大きなマンションが立っていた。
ああ、僕のタイムカプセル、、、。

極々たまに、自分の写真の中にあの孵化場で味わった感覚に近いものにめぐり逢う時がある。
それは撮るときに分かるし、撮ったものをあとで見るともっと明確にわかる。
ただ分からないのはその感覚の正体と、その感覚が湧き上がる理由だ。
もう子供ではないし、写真で何かを表現しようと思っている人間なのだから、その写真に自分の心が引き寄せられる理由を探らなくてはならない。
「なんとなく」では何時まで経っても同じものは撮れない。
僕にとって写真は楽しくもあるが、同時に苦行でもあるのはその何かを求めるからだ。

今日の一枚は僕のお気に入りだ。
曇り空のほとんど人のいないビーチ。
草むらの向こうで男の子が二人遊んでいるのを見たとき、孵化場の感覚が寒気を感じたときのように身体の中を走った。
全体の色、男の子のポジョションとグリーンの服、ボールの位置、前景の草の配分、空気感、求めるものがそこにあった。
シャッターを切った瞬間も手応えがあった。
こういう写真は人々から支持されるかどうかを考えてはいけない。
ウケる写真を100枚撮るより、自分の分身のような一枚を手に入れる喜びの方が遥かに大きい。
写真は道だ。












f0137354_1954051.jpg


























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


家の中でアグブーツを履いて、タイツを履いて、ダウンジャケットを着て、ヒーターを26度にして、それでも手がかじかむ7月のタスマニア。皆様のポチッで温めて。



う〜ん、私にはこの写真が何なのか分からない、、、と思った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-03 19:12

<< previous page | next page >>